赤字でよいの?

税金少なくてよかった…。

 

本当でしょうか???

納税がないということは、利益が出ていないということ。

一概には言えないところはあるけれど、収入よりも支出が少ないということ。

 

なんとかなっているから大丈夫?

それは、借入でなんとかしているだけで、なんとかなっていないのでは?

 

世の中的には、それほど悪い状況だとは思えません。

だけど、上記のような会社は少なくなく、近い将来、資金ショートするのは明らかだし、

すでに資金ショートしているといっても、言い過ぎではないかも…。

 

こういうのを「現実を直視できていない」というのでしょう。

 

従業員も従業員だと思います。

働く側の権利意識ばかりが強くなり、百歩譲って、1分単位の残業代を請求することは

是とするにしても、もらっている給料分の仕事をしているのでしょうか…。

甚だ疑問に感じる会社も少なくない。

 

税理士が関与している会社は、ホント小さなところばかり。

経営者だって、最前線の現場で汗水、鼻水流し、必死なのだけど、従業員は会社の状況など、

他人事…的な感じは否めない。

 

時代の流れなのか?ひと昔ふた昔前に比べて、仕事のストレスは比べ物にならないくらい、

厳しくなっているのはわかっているけど、

 

それにしても、経営者も従業員ものんびりしすぎているような気がしてならない。

そして、昔ながら、同じことを繰り返している。時は流れているのに。

数字を見ていると、もどかしくて仕方がないのです。

 

現実は楽ではない、だけど、それから目を背けていては、近い将来にどのようなことが

起こるか、容易に想像できる…。

 

税金は少なくてよいことはありません。

1円でも多く納税することで、会社にお金を残すことができるわけなのに、この辺りを

何度言ってもわからない人(経営者)にはわからないようで…。

 

もどかしい、気持ちがいっぱいです。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です