お金使って大丈夫? – – 東京・日野市の税理士 佐藤浩崇税理士事務所

「ちゃんとしたいので、一度相談に窺ってよいですか?」


お問い合わせの電話をいただいた。

ありがたいことです。

個人でお店を経営しているとのことでした。(詳細は書けません。)

これまで、税金の申告の時だけ、決算書を作り、税額を計算し、納税を済ませていたが、

仕事が忙しくなってきて、「果たして手元にあるお金ってどれだけ使っていいの?」というのが分からなくなってきたのだと・・・。

まだ詳しい話を聞いたわけではないですが、おそらくこんな感じだと思います。


手元には、100万円の現金があります。

だけど、来週には仕入れ代金を支払わなければならない。

オマケに今月末には、同業者団体の会費やら、小規模企業共済の年払いの支出、そして、車検も通さねば・・・

と考えたら、いつもは30万円を生活費として引き出しているけど、果たして30万円使っちまって大丈夫かな?

消費税の納税準備金だって、そろそろ考えておかないと慌てるハメになるぞ・・・・。


いったい、いくら使っていいのか?

それとも、お金は足らないのか?

儲かっているのか?いないのか?


信用取引、棚卸、借入、減価償却資産、そして税金などといったものが、このあたりを分かりづらくしています。

単純な現金商売であれば、こんなことはあり得ない。

純粋に、増加した分が儲けなわけだから、単純明快。

なので、会計で目指すところは、シンプルな現金主義に近づけることですが、現実問題、すべてを現金主義で計算するわけにはいきません。

どうしても、現在の会計という手法が必要となってきます。


でも、年一回だけ、決算を組み、

よくわからないけど、弥生会計を使って入力し、

出てきた数字の意味すらよくわからず、

本当にこれで合っているのか?自信も持てず、

もしかしたら、何か忘れて、又は知らずに損しているのかも?

税金を多く計算しちゃってる?などと不安に感じながら、

申告書を提出し、

でも、それ以後、税務署から電話がかかってくることもないから、そのままにして・・・というところは少なくないでしょうね。


連日の消費税の話しで恐縮ですが、納税できず → 滞納 → 融資受けられず → 資金ショート というシナリオも十分考えられます。

そういう意味で、これからますます会計の重要性は増すと思っています。

にもかかわらず、安価な会計ソフトの出現で、簿記講座は人気がありません。

会計ソフトもそれなりの知識がなければ、使いこなせません。

「簿記をしらなくても・・・」なんていうのはウソです。

ソロバンをはじけてこそ、商売人なのですよ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です