2013-02-21

たくましい若者 – – 東京・日野市の税理士 佐藤浩崇税理士事務所

デザイナー、イラストレーター、演奏家兼楽器作家、電気工事業、インターネット通販、内装業などなど・・・。

そうそうたる、うちの20才台のお客様。


就職難だからでしょうか?

フリーランスで仕事をしている若者から確定申告のご依頼をいただくことが多くなった。

「就職難だから仕方なくフリーで・・・」という感じかな~と認識でいたのは、私だけ・・・。

あまりにも、若者に対する偏見ですね(笑)

私が考える以上に、彼らはすごい!です。

なぜなら、自分の才能を職業にしているところのすごさときたら、ビックリです。

私の20台を振り返ると、「一丁前に仕事できる男」と自認していましたが、今から考えると、ちゃんちゃらおかしく、

与えられた仕事をこなしているにすぎず、

分不相応な給料をもらっていたこともあり、勘違い甚だしいバカモノでした。

会社という看板を外して、その当時、自分の力で生活できるだけの収入を得ることなどできたわけもなく、また考えることもしなかったし、

そんなことをできる能力もなかった。

収入を得ることで考えられたのは、アルバイトくらいだったでしょう。

とてもとても、自らの能力で、お金を稼ぐことはできなかった。

それに引き替え、うちの若いお客様はたくましい。


自分の看板で、自分の能力で生活資金をかせぎ、さらにその上も目指している。


お金を稼ぐということは、ホント難しい。

仕事を受注することだって、楽ではないです。

人に雇われずに、ゼロから仕事を受注することすら、やさしいことではない。

最初の仕事を受注することだって、それまでの試行錯誤がどれだけあったでしょうか?

私なんて、いまだに頭を悩ませることはしばしばです。

雇われずに生きていくということの難しさ。

そんな中で、自分の能力だけで仕事をしている若者は、ホントすごいし、尊敬します。

そんな彼らに、刺激を受け、40すぎのおじさんも負けずに、この繁忙期を乗り切ろうと思いますです。。。

同カテゴリーの前後の記事