2014-05-19

いくつ消えていったでしょうか… – – 東京・日野市の税理士 佐藤浩崇税理士事務所

今の仕事を初めて18年目。

どれくらいの数の事業所を見てきたのか、

数えていないので分からないですが、
仕事を始めた当初と比べて、お客さんは随分と入れ替わりました。

無くなった会社、音信不通になってしまったこところ、高齢で仕事を続けるのを辞めたところ・・・

様々ですが、改めて振り返ってみると、長く事業を続けるのは簡単なことではない。

辞めてしまった会社さんの中には、単年で沢山税金を納めたところもある。

言ってみれば、短期間だけならそれなりの利益を出すことは難しくない。

それ以上に難しいのは、続けていくこと。

続けていくには、お客さんに常に求められ続けなければならない。

当たり前のことだけど、時代も変わるし、求められるものも変わってくる。

その流れを見極められず、または変化に対応できず長く続けて来れなかった会社さんもあったかもしれない。

あたり前の話だけど、短期的な利益を追うことに未来があるわけではない。

多少の売上不振で慌ててはいけないし、ほんの少し業績が好調だからと安心できるわけでもない。

経営って大変。

長く続けること、求められ続けること、楽ではないですね・・・。

同カテゴリーの前後の記事