2013-03-14

個人事業主の消費税 – – 東京・日野市の税理士 佐藤浩崇税理士事務所

今年の個人の申告も残すところ数名で、なんとか無事に期限内に終わることが出来そうです。

3月に入ってから、「マジで終わるの?」と毎年のことながら、ビビリつつ、半ばパニックになりながら、なんとかここまでたどり着けました。

自分の申告もようやく昨日、終わらせて、送信を済ませました。

それにしても、個人の確定申告の仕事をしていて、毎年感じるのは、その格差。

一般の人の年収程度の税額を毎年納めている人がいる半面、これで生活できているのだろうか・・・と心配になる人まで、様々。

職業に貴賤はないですが、選んだ職業によって、こうも収入に格差があることは、どうしようもない。

中には、売上こそ、それなりにあるけど、最終的に手元に残るものは、1割程度・・・なんてところもあり、

こうしたところは、売上はそれなりにあるので、消費税の納税義務者であって、

納税額も数十万円は軽く超え、決して少ない負担ではない。

平成26年4月から8%で、平成27年10月からは10%に税率アップが予定されており、納税額もこれまでの1.6倍、そして2倍となる。

で、個人事業主は、たいていの場合、年一回しか経理処理しないところが多い。

果たして、そんな調子で、納税額をきちんとプールできるのか?納税資金を計画的に重ん日できるのか?

お金に色はついていない。

預金残高は、すべて自分のお金・・・のように思える。

そして、いざ納税・・・という段階になって、慌てることにならないだろうか?

小規模な個人事業主が心配です。

会計難民が納税難民にならないように、

税理士だから言うわけではないけれど、普段の経理処理、会計がますます重要になってくると思える・・・確定申告終盤期です。

同カテゴリーの前後の記事