2013-05-27

ミッション経営? – – 東京・日野市の税理士 佐藤浩崇税理士事務所

経営理念、会社理念、社是・・・などなど。

こうしたものを掲げているところは少なくないけど、読んでみて、意味がよくわからなかったり、

何をしたいのか、意味不明だったり、

難しい言葉のオンパレードで、

もっともらしいことをいっているようでも、実のところ、何も言っていないように思えるものまで・・・。

分かりやすいことが、よいことだとは思いませんが、

こうしたものからは、自社について、伝えよう!・・・という印象は感じられない。

いっそうのこと、そんな「理念」めいたことは書かない方が良かったり・・・という気持ちに思えるものもあったりして。


じゃあ、お前はどうなんだよ!



と言われそうですが、もともと、経営理念ぽ、「言葉」にするようなものはありませんでした。

あえて言うのなら、なんとなく、頭の中にはあったけど、なんとなく表現できなかったというのでしょうか?

でも、最近とても感じることは、理念ぽいものをしっかりと持ち得ている(それをHPなどで示しているか否かを問わず)、

そんなところは、財務的にもそれが反映されており、

かつ、経営も順調である事の方が多いように思えます。

意味不明な理念は問題外ですけど、

仕事をする上で、「根本的な考え」、「ブレない信念」とでもいいいましょうか?

そんなものを持ち得ているところは、強い・・・印象を抱きます。

で、お前の経営理念は、どうなんだ?

と言われそうですが、これまた、自分中心の自己都合でしかないので、言葉にすると、とても恥ずかしいですが、全くの自己肯定です。


「ずっと先の将来、振り返った時に商売(税理士)をしていてよかった…

と思いたいし、お客さんにもそう感じてほしい。

そのためにも、「事業の継続、そして発展」に税理士という範疇をも超えて、

お役に立つこと」


意味不明ですか?(笑)

同カテゴリーの前後の記事