2013-07-09

ゼロか百しかない・・・ – – 東京・日野市の税理士 佐藤浩崇税理士事務所

あとひと月足らずで、税理士の本試験。

暑さも本番に突入したころ、「いよいよ、本試験が近づいてきたな・・・」と

ひとり緊張していたころを懐かしく思います。


試験は、8月の一週目、合格発表は、12月。

いつからか、合格発表で、不合格でも、AとかBとか、点数がついてきた。

不合格の時、Aしかとったことはなかった。

だから、AからCまでなのか?

それとも、Zまであるのかも定かではないけど、

「不合格は、不合格」なわけで、

「Aだったから、合格にあと一歩だったな・・・」なんて考えたこともなかった。

結局、ゼロか百しかないわけで、

合格しなければ、意味がない。

勝たなければ、意味がまったくないもの。

個人的には、こういう世界は、分かりやすくてシンプルで、大好きです。

なので、勝ち負けがつくものについては、ちょっとムキになるのかもしれません(笑)

だけど、昨今の受験生の中には、Aが出たことを喜んでいる向きもあるようだ。

残念ながら、こうした考えの方は、合格が難しい・・・と考えている。

当時を振り返ると、「負けたくない!」の一心で、勉強していたところもあったかも?

受験友達もいなかった。

今から考えると、大げさだけど、となりに座った人はライバルだと思っていた。

くだらないことかもしれないけど、自習室でよく見かける人、その人には、勉強時間で負けない!

絶対に、先に帰らない!と遅くまで粘っていたことも・・・(笑)

ゼロか、百のどちらかしかない、

そして、負けたくない!という気持ちだけで、なんとか、突破した税理士試験でした。

そんな受験時代を思い起こしますね、この暑さは・・・。

同カテゴリーの前後の記事