2014-01-14

国民年金の2年分前納? – – 東京・日野市の税理士 佐藤浩崇税理士事務所

「国民年金って、2年分前納出来るようになったのだって。」

「1年分前納よりも割引が多いようだけど、どーする?」と妻。

うちでは、一年分の国民年金を前納している。

ある時に払わないと、払えないから・・・。

で、この度、2年分前納出来るようになった模様。

割引額も大きいのだから、お金があるなら払ってしまった方がお得・・・と一瞬考えた。

しかし、所得税の計算では、国民年金は支払った年に所得控除することになり、

仮に、今年、2年分前納した場合には、支払った国民年金の金額について、所得控除することになり、

所得税も少なくなるだろう。

ただ、その翌年は、国民年金の支払いがないため、所得控除できる金額が減ることになり、

結果、所得税・住民税が増えることになる。

で、簡単にシミュレーションしてみた。

昨年の所得が今年も来年も続くとして、いつも通り1年分前納した場合と2年分前納した場合とで、

所得税や住民税がどうなるか?

結論としては、例年通り、毎年国民年金を1年分前納していた方が、税金は最小になり、かつ、国民年金の割引額を考慮しても

毎年、支払った方がトータル的にお得という結果になった。

要するに、割引額だけにフォーカスすると、「あるなら払ってしまった方がお得」なように思えても、

全体的な支出として考えた場合には、 そうでなかったり。

何事もそうだけど、部分的な最適が必ずしも、全体的にも最適ということ・・・ばかりではないですものね。

同カテゴリーの前後の記事