2012-11-27

現金を使わない経理処理 – – 東京・日野市の税理士 佐藤浩崇税理士事務所

質問:家族経営の小さな会社です。


会社とプライベートの財布を別にしていますが、細かい経費の支払いなど、財布が2つあると、とても面倒です。


何か、よい方法はありませんか?


回答:現金での支払いをなくすために、クレジットカードを利用することをお勧めします。


銀行口座では、一括で記帳されますので、カードでの支払い明細は、郵送されてくる明細書やカード会社のホームページからダウンロードして、保存してください。


また、明細書は領収書ではないので、領収書は明細書に貼付して保管します。


また、会社では、現金は一切使わず、小口の支払いは、立替払いにしましょう。一か月分を「経費精算書」などに領収書と記載し、その精算は、給料の振り込みと一緒にすることで、現金を引き出す手間はなくなります。


うちのお客様は、現金商売であっても、売上代金はそのままそっくり銀行口座に入金してもらい、小口の支払いはすべて立替払いしてもらうことで、経理の単純化しています。

同カテゴリーの前後の記事