2013-03-15

「継続は・・・」なんとやら – – 東京・日野市の税理士 佐藤浩崇税理士事務所

今日は、うちの三番目の子がなんとか幼稚園を卒園しました☆

一番上の子の時は、胸に熱いものを感じた卒園式だったことを覚えていますが、

さすがに三番目、

目頭が熱くなることはなかった・・・。

それでも、子どもの成長の証を確かめるべく、卒園式に出席したといったところでした。

さて、それはさておき、子どもの担任の先生も卒園式と同時に幼稚園を退職するとのこと。

まだ20代。

他にやりたいことがあるとの話。

それにしても残念です。

若い人の離職率が問題になったことがありますが、私がおじさんになったからなのか?

もう少し、がんばってみてもよいのでは?それからでも、やりたいことはできないの?・・・と他人事ながら思うのです。

親でもないのに。

やりたいこと?

それが今の職業ではなかったということでしょうか?

思い描いていた仕事内容と現実が異なる・・・なんてことは、どこでもある話。

それでも、辛抱して、我慢して、やり続けてみることで、経験を増し、お客さんや同僚の信頼を得て、それが仕事のやりがいになり、当初考えていたものとはちょっと違う喜びを感じたり・・・することもあると思う。

何事も「続けること」って難しくないのだけど、なかなか「続く」人も多くない。

先生が退職する「本音」のところはよくわかりませんが、たった数年の経験で今の仕事を放棄してしまうことが、おじさんには、もったいなく感じるのです。

「継続は力なり」

使い古された言葉ですが、我々凡人にとっては、最大の武器だと思っています。

地味だけど、「続けてきた」ことで、力をつけている人は目立たないけど、沢山いるのだよね・・・。

同カテゴリーの前後の記事